よろず相談所 スタッフブログ

国家5士業が立ち上げた合同会社ANTHEMが監修する「インターネットよろず相談所」 弁護士・司法書士・税理士・行政書士・社会保険労務士のスタッフブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

伊藤弁護士が独立しました

弁護士の寺田です。

当事務所(弁護士法人寺田直樹法律事務所)において4年10ヶ月間勤務していた伊藤幸平弁護士が、10月31日をもって当事務所を退職し、11月4日から、野条弁護士とともに、「伊藤・野条法律事務所」を開設いたしました。
伊藤弁護士に対してこれまでいただきましたご厚情に感謝申し上げますとともに、今後とも、伊藤弁護士に対するご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げます。

なお、当事務所には、12月中旬ころ、新たな新人弁護士が加入する予定でございます。

スポンサーサイト

PageTop

理研の事件について

弁護士の寺田です。
前回、小保方さんのことを書いたのが4月。
早くもそれから4ヶ月が経ってしまいましたが、その間、理研の笹井氏が自殺するという痛ましい事件が起きてしまいました。
関係のないマスコミが正義の仮面をかぶって興味本位の記事をばらまいた結果、日本にとって極めて重要な頭脳が失われてしまったことが残念でならないとともに、この「正義感に満ちた」日本の現状に恐ろしさすら覚えます。

PageTop

小保方さん記者会見

弁護士の寺田です。

STAP細胞をめぐる小保方さんの記者会見が午後1時から行われました。
不正があったのかどうかは素人に分かるものでもなく、もちろん私にも全く分かりません。

それにしても、こういう記者会見に出てくる記者というのは、どういう人たちなのかな~と思います。
相手は1人。
記者は多数。
1人対多数というのは、いかにも男らしくないんじゃないかな~
しかもその1人は女性。
よってたかって質問しまくるなんて、正義の味方にでもなったつもりなのかな?
そもそもこんな記者会見には何の意味もないはずで、専門家がしっかり調査して結果を公表すればそれで十分なのではないでしょうか。
勝手にリケジョなどとあおっておいて、都合が悪くなると自己批判もないままに一転して寝返ってしまうマスコミという職業が、何とも不気味です。

PageTop

袴田事件再審開始決定

弁護士の寺田です。

本日、静岡地裁において、袴田事件の再審開始決定がなされました。
48年に及ぶ時間の流れを考えると言葉もありませんが、このような決定がなされた以上は、速やかなる再審開始と無罪判決がなされるように望みたいと思います。

今回の静岡地裁決定は、袴田氏が有罪とされた最も有力な証拠である5点の衣類について、それらが袴田氏のものでもなく、犯人が犯行時に着用していたものでもなく、「後日ねつ造されたものであったとの疑いを生じさせるものである」と述べました。ここまで述べるということは、裁判所としてもよほどの心証があったのだと思います。

また、再審開始にともない、死刑の執行を停止したのみならず、刑訴法448条2項によって、裁量により、拘置の執行も停止しました。その理由について裁判所は、「袴田は、捜査機関によってねつ造された疑いのある重要な証拠によって有罪とされ、極めて長期間死刑の恐怖の下で身柄を拘束されてきた。無罪の蓋然性が相当程度あることが明らかになった現在、これ以上、袴田に対する拘置を続けることは、耐え難いほど正義に反する状況にある」と述べました。「耐え難いほど正義に反する状況」とまで述べることは異例であり、裁判所の強い決意が読み取れます。

法理論でいえば、刑訴法448条2項によって拘置の執行の停止までできるのかはよく分かりませんが、裁判所が検討した上での決定ですから、そうなのでしょう。

いずれにせよ、勇敢にもこのような決定を出された裁判所及び裁判所からこのような決定を引き出した弁護団に対し、心からの敬意を表したいと思います。

弁護団がこの事件に費やした時間と労力が膨大なものであったことは想像に難くありません。経済的には全く見返りがないにもかかわらず、純然たる正義感からこの難事件に取り組まれた弁護団に対し、同じ弁護士として、心からの尊敬の念を抱くものです。

PageTop

素人が騒ぎすぎる

弁護士の寺田です。

東日本大震災から3年。
3月11日には、またしても、「絆」、「希望」等の言葉だけがあふれましたが、結局は、いまだ被災地の住宅すら再建されない中で東京オリンピックという遊びに大金を使おうというのですから、まあ、日本はおめでたい国というか、冷たい国というか、要は東京さえよければあとはどうなってもよいと本音では思っている人が東京に多く住んでいるということがよく分かりました。

またこのところ、STAP細胞の論文を取下げる云々の話がマスコミに登場しています。
しかし、マスコミを含めた素人がこんな難しい論文を理解できるはずがなく、部分部分の不手際をあげつらって揚げ足取りをしてみても何の意味もないことです。このような問題は専門家に任せておけばよいのであって、素人が口をはさんであれこれいう問題ではありません。コメンテーターと称する人も、私には理解できませんから専門家の判断に任せます、とだけ言っていればよいのであり、分かったふりをしてあれこれと言ってみても恥ずかしいだけです。

分からないことは分からないと言えばよいのに、何か意見を言わないと気が済まないという昨今の風潮。
これもまた、ネットで誰もが簡単に発言できるようになったことの弊害でしょうね。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。