よろず相談所 スタッフブログ

国家5士業が立ち上げた合同会社ANTHEMが監修する「インターネットよろず相談所」 弁護士・司法書士・税理士・行政書士・社会保険労務士のスタッフブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

最近の出会い

税理士・行政書士の朝山茂樹です。

前置きとして、笑い話と取って頂いても結構ですが、最近、未来を予知できる方と仕事上の関係で出会いました。
その方曰く、私の周りには人を寄せつける力があると・・・・
そして、今週私にとって、ものすごい出会いが1つあると言われました。

今週に入り、新しくお客さんになった方や、ビジネスパートーナーとして、お付き合いすることになった方、職員採用で面接している数名の方・・・
たくさん出会っているうちの1人が誰なのか!?

毎日、そんなことを思いながら生活しています。

しかし、気がつくと、大きな仕事も入ってきていて、相続2件、
大規模な会社事業の支援2件、温泉事業の依頼などなど・・・

全ての出会いが、私にとっては、ものすごい出会いだと感じています。
これも全て、既存顧問先様の紹介のお陰です。

本当にいつも有難うございます。
感謝・感謝です!!

スポンサーサイト

PageTop

保険の活用法

税理士・行政書士の朝山茂樹です。

会計事務所の業務の1つに、保険業務があります。
節税対策や相続対策、所得保障、退職金積立や資産運用等様々なケースに利用します。

昨年より、当事務所もお客様のニーズに合わせて、生保・損保を紹介してきましたが、
今年になって、その利用価値を改めて理解していただき、感謝の言葉をよく耳にします。

一般的には、保険は保険会社やセールスレディが直接販売するもので、
税理士が取り扱っていると思っている人は少ないかと思います。

今回、保険を活用して節税及び相続対策に有効活用したお客様からは、
「税理士だから、このような対策ができた」
「一般の販売人ではここまではできなかったろう」
といわれ感謝されました。

特に法人の場合、税理士は財務内容を把握しておりますので、
より有効な活用方法を提案することが出来ます。
ここが、我々の1つの売りであり、ノウハウでもあります。

ということで、保険を活用の際には、企業経営のプロに相談しましょう!!


PageTop

いよいよ年末業務

税理士・行政書士の朝山茂樹です。

最近急に寒くなってきましたね。
今年も、残り1ケ月弱。寒くなって当然です。
その為か、私は今月に入り体調を崩して、病院通いが多くなっています。

しかし、ずっと悩んでいた仕事もようやく終わりつつあって、今年は本当に忙しかったと
息抜きをする暇なく、今からは年末業務に取り掛かります。

寒さに負けることなく、着実に仕事をこなしていきたいと思っています。

PageTop

早とちり

税理士の孫崎健次です。

11月3日、チームまうすのSさんと共に武生の菊花マラソンに参加してきました。
私の走るスピードとSさんの走るスピードが、ほとんど一緒なので大体の大会で
同じようなタイムで完走します。
今回も終盤まで併走してました。残り2.3キロの地点に給水所があり
Sさんが「寄ってくの?」と聞いてきたので私は「寄っていきます」と答えました。
その時は本当に水が欲しかったからです。Sさんはタイムを短縮しようと給水所には
寄らず先に行きました。その後Sさんとは20mほど離されました。
が、その内Sさんと私の間のランナーがだんだんと脱落していき、2人の間には誰もいなく
なってしまったのです。

その時「このままそっ~と近づき最後に抜いてやろう」と邪心が目覚めたのです。
そして、最後のゲートが近づいて来た時ダッシュをかけたのです。
みごとゲートの3m手前でSさんを抜き去ってやった・・・・・・・・・・
つもりでした。が、真のゲートはその先50m程むこうだったのです・・・・

真のゲートの手前20m程で体が笑い始めいうことをきかなくなりました。
その後、気合の入った声を発しながらSさんが私の横を・・・・・・

何事も、早とちりはいけません。ゴールするまで気を抜いた私が悪いのです。
Sさんを出し抜いてやろうとした私・・・・・

ゴール後の写真がSさんのブログに掲載されております。
「インナーマッスル」で検索してみてくださいね。



PageTop

社会保険労務士の西澤亜紀です。

先日、とある会社様からご相談をいただき、就業規則の作成を
ご提案してきました。

小さい会社だと、なかなかそこまで手がまわらないこともあり
口頭でいろんなことを済ませてしまいがちですが
何かトラブルがあった時に大事になる場合が多々あります。

就業規則を作る場合にまず大切なのは問題点の洗い出しです。
就業規則はどうしても細かくなりがちですが会社の問題点をしっかりと
把握できていれば、そこを中心に規程を作成することでトラブルを
回避できます。

来年から裁判員制度が始まることもあり、就業規則を見直さなければ
ならない企業がほとんどかと思われますので早めの対処をおすすめします!

最後に、現在の会社の状態をチェックする便利なツールをご紹介します。

http://www.nararoudoukyoku.go.jp/00topics/zisyutenken.html

改善事項の認識に便利です。ここで引っかかったことは
会社として最低限行っておかなければいけないことばかりですので
ご注意ください!

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。