よろず相談所 スタッフブログ

国家5士業が立ち上げた合同会社ANTHEMが監修する「インターネットよろず相談所」 弁護士・司法書士・税理士・行政書士・社会保険労務士のスタッフブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

戦略的プロモーション

税理士・行政書士の朝山茂樹です。


先日、告知していた番組が放映されました。

当顧問先も、番組を制作したテレビ局員も、彼らを支えた関係者各位も、
そして私も・・・
あの番組制作に込めていた思いがどのように伝わるのか!?

反応が、とても心配でしたが、良い意味で物凄い反響でした。

tv1.jpg
番組が終わると同時に、電話やメールが引っ切り無し・・・

驚いたことに、福井新聞社をはじめマスコミ数社から問い合わせなどもあったくらい!!
美容室もリニューアルし、今まで以上のお客様が来ていたようだし、
一定の成果はあげられたと実感しています。

これも、今まで2年間頑張って耐えてきたからこそ・・・

そして、企業戦略の一種として行った、プロモーションが実にうまくハマった証かと・・!!

私なりのトータルマネージメントは、今回、一定の成果を上げたわけで、
これを機に、第2弾、第3弾と次のステップに進んでいきたいと思っています。

また、別の企業戦略として、全国販売をもう1点。
キーワードは、「大学から発信」と「水」
追って、報告いたします!!





国家5士業 よろず相談所 公式サイト http://www.f-yorozu.net
合同会社ANTHEM     公式サイト http://f-anthem.com/
朝山税理士事務所     公式サイト http://tax-as.net/asayama
朝山税理士事務所ブログ  http://tax-as.net/portal/

スポンサーサイト

PageTop

意外な発見

弁護士の寺田です。

もう8月も終わりですが、いかがお過ごしでしょうか。
私は今年のお盆は沖縄で人生初ダイビングをしてきました。
いやー、いいもんですね、ダイビング。すっかりはまりそうです。
リフレッシュできましたので、また頑張って仕事をしていきたいと思います。

ところで、皆さんの車のテレビ、地デジに対応していますか?
実は私の車は未対応。なので現在テレビは映りません。
そこで運転中暇なので、仕方なくNHKラジオ第1放送を聞いていたのですが、これが意外にもおもしろい。
特にニュースでは、妙な脚色やトークがなく、事実を淡々と伝えてくれるので、実にわかりやすく、ストレスなく聞くことができます。
今の民放テレビのニュースは馬鹿馬鹿しくて5分と見ていられませんし、NHKテレビですら時々嫌になりますが、その点ラジオは古き良き時代のNHKの雰囲気を残しており、私としては好きになりました。

PageTop

放送日は8/27(土)15:50~ 福井TV

税理士・行政書士の朝山茂樹です。


8/27(土)15:50~16:20に福井テレビ、特別番組として

「福井から全国へ ~人気商品はこうして生まれる~」
という番組タイトルで、私の顧問先と私も若干出演します!!
以前からお伝えしていた内容のものです!!

是非、見てください!!



国家5士業 よろず相談所 公式サイト http://www.f-yorozu.net
合同会社ANTHEM     公式サイト http://f-anthem.com/
朝山税理士事務所     公式サイト http://tax-as.net/asayama
朝山税理士事務所ブログ  http://tax-as.net/portal/

PageTop

前半を振り返って・・・後半の決意!!

税理士・行政書士の朝山茂樹です。

今日でお盆休みは終わります。
私にとっては、23年事業年度の前半が終わり、明日から後半がスタートといった感じです。

振返れば、この前半はハードな日々の連続でした。
工大の講師をレギュラーで受け持った為、毎週指定曜日に講義を行う!!
また、初めての経験として、NPO法人設立や社団法人、一般社団法人の関与他、
縁あった知り合った顧問先様からの紹介で、東京の関与先も増え、
税理士業務を超えたコンサルタントを中心に東京にも頻繁に行くようになりました。

これらの活動は、主に夜、事務所営業外に行われていた成果かと・・・
昔から、仲の良い顧問先は、夜に訪ねてきて課外活動の様に飲み屋や
ある指定会場にて会合をしていましたが、この前半は特にその活動が多かったように思えます。

仕事時間中には話せない内容、その時間だからこそ、腹を割って話せる内容、
そうしているうちに、仲間の輪が広がる・・・
これは、今までもそうだったのですが、今回は特にそれがある業種に特化していた・・・
そのように思えます。

若いうちにしかできない経験・・・
今年の自分は、特に恵まれた環境にいると思っています。
(仕事はハードですが・・・)

しかし、今まで保ってきた時間を失っているのも事実。。。
定期的にしていたゴルフもほとんど行っていませんし、いつも飲んでいた仲間との
飲み会も今年は減っています。。。

しかし、将来の自分為、伸びる顧問先の為、何が優先かを見極めながらも、
既存の付き合いも大事にしつつ、後半も頑張っていきたいと思います。

今年でついに40歳。
30にして立ち、
40にして惑わず・・・ 

あの孔子もこのように言ってました。
私にとっては、今のところ今年のキーパソン人物2名によって
大きく何かが変わろうとしています。

そういう意味で、今年は見極めの年、決断の年にしたいと思っています!!
残り数か月、待ったなしで頑張りたいと思います!!





国家5士業 よろず相談所 公式サイト http://www.f-yorozu.net
合同会社ANTHEM     公式サイト http://f-anthem.com/
朝山税理士事務所     公式サイト http://tax-as.net/asayama
朝山税理士事務所ブログ  http://tax-as.net/portal/

PageTop

NPO法人設立

税理士・行政書士の朝山茂樹です。

3月から色々相談に乗っていた案件、NPO法人(発達障害者向けの相談所)の
認証式がやっと先だって行われました。
halu.jpg
私も、設立に関しては当初より関っていたもので、
認証式に呼ばれ行ってきました。

県の職員から、NPO法人の副理事長が認証書を授与。

私にとっては初めての経験でしたが、いい勉強になりました。






国家5士業 よろず相談所 公式サイト http://www.f-yorozu.net
合同会社ANTHEM     公式サイト http://f-anthem.com/
朝山税理士事務所     公式サイト http://tax-as.net/asayama
朝山税理士事務所ブログ  http://tax-as.net/portal/

PageTop

菅総理が退陣するらしいが・・

弁護士の寺田です。

菅総理が近いうちに退陣するなどの報道がなされています。
これまでも散々総理大臣を引きずり下ろしてきたのに、またしても同じことを繰り返そうとする日本国民。
総理大臣を代えれば、うまくいくのでしょうか。

「管総理大臣が交代しなければならない理由を、おおむね1200字程度で述べなさい。」

この問題に答えることのできる日本人がいったいどれほどいるのでしょう。

「いや何となく発言が思いつきっぽいから・・・」
「原発事故の対応がよくなかったから・・・」

こんな程度がせいぜいではないでしょうか。

PageTop

派遣労働者雇用安定化特別奨励金の事業実施期間が延長されます

社会保険労務士の西澤です。

毎日暑いですね・・・。
私は暑いのが大の苦手です。
先日、『ビアガーデンに行こう!』とお誘いを受けましたが
暑いのも嫌い、ビールも嫌い、な私には何をしに行くのか
わからない所なので丁重にお断りしました(最低?)
屋内のお店ならいつでも大歓迎です(笑)

前置きはさておき、助成金のお知らせです!
平成23年4月で終了すると言われていた、
派遣労働者雇用安定化特別奨励金の延長が決定しました。

http://www.mhlw.go.jp/bunya/koyou/other34/dl/03.pdf

派遣労働者を自社で雇用する場合にいただける助成金です。

該当する企業様はぜひご利用ください。

PageTop

実にお久しぶりです

弁護士の寺田です。
気がつけばもう8月。もうすぐクリスマスですね・・というには早いですが、今年も3分の2が過ぎようとしているわけです。

このところ、内閣不信任決議案を巡って、「一事不再議」という言葉が頻繁に聞かれます。
国会において、同一会期中、一度決定した問題について重ねて審議することを許さないという原則のことです。

明治憲法(大日本帝国憲法)には、「両議院ノ一ニ於テ否決シタル法律案ハ同会期中ニ於テ再ヒ提出スルコトヲ得ス」という条文があり、法律案についての一事不再議が憲法明文で定められていましたが、日本国憲法にはそのような規定はありません。
そこで、一事不再議の原則が憲法上の要請なのかが問題となるわけです。

あまり論じられてはいないところではありますが、そもそもこの原則は、会議体の意思決定を不確定の状態に置くことによって生ずる会議の能率の低下を避けることを目的とするものですので、憲法上の要請というよりは、会議というものの性質上、一般的(条理上)に要請されているものにすぎないといえると思われます。

なお、現行国会法は、56条の4において、「各議院は、他の議院から送付又は提出された議案と同一の議案を審議することができない。」と定めています。これは一般的な一事不再議の原則を定めたものではなく、他院の議決を尊重する趣旨であると解されています(非常に分かりにくい話ですが)。

とはいえ、一事不再議の原則はあくまでも「原則」であって、例外として、事情の変更により合理的な理由があれば、同一の議案を審議できると解されています。
今回のケースが例外にあたるかどうかを巡って、現在、政界で議論がなされているわけです。

このような枠組みをふまえた上で、ニュース等をご覧になるとよいと思います。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。