よろず相談所 スタッフブログ

国家5士業が立ち上げた合同会社ANTHEMが監修する「インターネットよろず相談所」 弁護士・司法書士・税理士・行政書士・社会保険労務士のスタッフブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

里見香奈 奨励会三段に!

弁護士の寺田です。

今日はクリスマスイブ。とはいっても、社会人には何の関係もないことで、いつもどおりの仕事があるだけです。
昔はクリスマスイブといえば、もっとそういう気がしたものですが、それもこれも、年齢なのでしょうか。

さて、それはそうと、昨日飛び込んできたとんでもない話題。
女流棋士・里見香奈が、女性として史上初の奨励会三段に昇段したというのです。
これには、全将棋ファンが度肝を抜かれたことと思います。

将棋のプロ棋士になるには、男女差別は全くありません。
プロを目指すには、まずは奨励会というプロ養成機関に入会することが必要です。
一番下は6級ですが、それとてもアマチュアでいえば四段、五段の実力が必要。
そして、6級から徐々に昇級、昇段していき、三段になると、三段リーグというリーグ戦に入ります。
三段リーグは年に2回行われますが、各2名、合計4名のみが、四段に昇段し、プロ棋士となれるのです(プロ棋士は四段からであり、三段まではプロ棋士ではありません)。
奨励会はとても厳しく、大まかに言えば、21歳までに初段、26歳までに四段になれなかった場合は、強制的に退会させられます(=プロ棋士にはなれない)。

これまで、女性でプロ棋士になった人はいませんし、女性の奨励会員自体が数えるほどしかいません。
しかし、プロ棋士の世界が男ばかりというのでは、女性に対する普及活動も十分にできませんし、また、テレビでの解説などもむさ苦しくなってしまいます。
そこで、「女流棋士」という特別の制度が設けられており、女性については、奨励会に入らなくても、一定の強さをクリアすれば、「女流棋士」という特別な資格で活動できるわけです。

今回の里見香奈は、女流棋士でもあるのですが、奨励会にも入会していたわけです。
その里見香奈が、昨日、ついに奨励会三段に昇段。プロ棋士である四段は目前です。
来年、里見香奈が女性初のプロ棋士となれば、将棋界最大のニュースとなることは間違いありませんが、そもそも奨励会三段になったこと自体が大ニュース。
来年いよいよ四段プロデビューとなるか、目が離せません。

将棋に興味のない人には、何の意味もない記事でした・・・

スポンサーサイト

PageTop

猪瀬都知事が辞任するらしい

弁護士の寺田です。

年末の忙しい時期ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

今日の午前、猪瀬都知事が辞任を表明しました。
受け取った5000万円が法的にいかなる意味を有するのかの解明は今後の展開を待ちたいと思いますが、東京電力病院の問題との関連性如何によっては、公職選挙法云々を超える問題に発展する可能性もあり、法律的にも興味深いところです。

それにしても、ここまで辞めたくないということは、やはり知事というのは居心地がよいのでしょうね。
公用車での送迎、高い報酬、きれいな建物内での執務、公費での海外出張なども魅力的でしょうが、やはり、大きな権力を持ったことにより自尊心が満たされることが大きいと思います。大変な仕事ではありますが、それに対する見返りも十分にありますから、やはり、その椅子は手放したくないのでしょう。

今回の5000万円の問題もさることながら、私は、猪瀬氏が、今年4月のアメリカ出張中、ニューヨーク・タイムズ紙のインタビューにおいて、「平均寿命は女性が85歳、男性は80歳で、日本社会にいかにストレスが少ないかを示している。トルコの人々も長生きしたいなら、日本で我々が持つような文化をつくるべきだ。若者が多くても、若いうちに死んだらあまり意味がない」等の発言をしたことが忘れられません。
あまりにも無知で、うぶな日本礼賛に、唖然としました。

「日本社会にいかにストレスが少ないかを示している」というのは一体どういうことでしょうか。誰もが息苦しさを感じている現代日本の「ストレスが少ない」とは・・・。東京で優雅に暮らしていると、こういう感覚になるのでしょう。
「トルコの人々も長生きしたいなら、日本で我々が持つような文化を」に至っては、開いた口がふさがりません。「日本で我々が持つような文化」とは一体何を意味しているのでしょうか。知事は一体トルコの何を知っているのでしょうか。

こうした発言に蓋をして、東京オリンピック万歳を叫んでいた政治家、マスコミ、芸能人、スポーツ関係者の責任、そして一般国民の責任は、重いと思います。

今度の都知事はどうなるのでしょうか。
タレント候補のような人ではなく、知識が豊富で、想像力が豊かで、宗教や他国文化に深い理解があり、人の痛みが分かり、自分の力を謙虚に考えられる人が都知事になるとよいものですね。

PageTop

ついに雪化粧

弁護士の寺田です。

福井はついに雪化粧ですね。
恐れていた日がやってきました。
これからしばらく、大人は大変です。

昨日は大阪地裁に出張しておりました。
タクシーに乗ると、運転手さんは、「寒いですな~」
道を歩いていても、周辺の人は、「寒い寒い」

それを聞いた私の心の叫び・・

「これくらいで寒い寒いって、甘えるんじゃない!雪がないだけ天国だ!
寒いだけならどうにでもなるんだから、我慢しろ!!」

思ったけど、言えませんでした。

とはいえ、帰る家がある人にとっては、寒い寒いというのは甘えているだけですが、ホームレスの人にとって、越冬はまさに生死に関わる問題です。
ホームレス問題は日本社会が抱える大きな矛盾。
都会のイルミネーションの中で華やかな生活を送る人がいる一方、住む家さえない人がいる現実。
私たちは一体何ができるのでしょうか。
都会に行くと、ビッグイシューという雑誌を売っている人を見かけると思います。
私はなるべく購入するようにしていますが、参考までに、そのサイトを紹介します。
ビッグイシューのサイト

PageTop

森内 竜王位奪取

弁護士の寺田です。

11月28日、29日に行われた今期の第26期竜王戦において、森内俊之名人が渡辺明竜王を4勝1敗で破り、10年ぶりに竜王位に復位しました。この勝負の行方を固唾をのんで見守っていた将棋ファンは多いことでしょう。
これで森内は名人と竜王を保持することとなりましたが、1人の棋士が名人と竜王の最強2タイトルを保持するのはかなり久しぶりのことです。
とはいえ、敗れた渡辺も依然として二冠(棋王・王将)を保持。
羽生もまた三冠(王位・王座・棋聖)を保持し、A級順位戦では全勝街道をばく進中。
羽生、森内、渡辺の3強時代はまだまだ終わる気配はありませんね。

羽生、森内は私より1つ上の1970年生まれ。
同世代の活躍は、本当に励みになります。
彼らが今後どのような歴史を作るのか、はたまた豊島などの若手が羽生らの牙城を打ち破るのか、興味は尽きません。
皆様も、ぜひプロの将棋をご覧ください。異次元の頭脳対決が見られます。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。