よろず相談所 スタッフブログ

国家5士業が立ち上げた合同会社ANTHEMが監修する「インターネットよろず相談所」 弁護士・司法書士・税理士・行政書士・社会保険労務士のスタッフブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ただ正義、正義でよいのか

弁護士の寺田です。

突然ですが、シェイクスピアの「ヴェニスの商人」。
肉はいいが血は駄目という例の有名な裁きの直前、裁判官ポーシアが原告シャイロックを諭すシーンがあり、私はこの部分が大好き。手持ちの岩波文庫にはマーカーで線を引いています。
岩波文庫版「ヴェニスの商人」136頁~137頁です。

慈悲というものはな、強制さるべきものではない。
慈雨が天から注いで、この大地を潤すようにだな、
まさにそうあるべきもの。祝福は二重にある。慈悲は、
まず与える者を祝福し、また受ける者をも祝福する。
これこそは最も偉(おお)いなるものにあって、最も偉(おお)いなる美徳、
人の君たるものはには、その王冠よりもさらに相応しいもの。
手にする笏、いわばこれは王に対する畏怖を意味する
威武尊厳の象徴であり、ただこの地上における
権力を示すにすぎぬが、それに対してだな、
慈悲とは、この権力による支配以上のものであり、
王たるものの心の王座に宿るものなのだ。
いうなれば、神そのものの性質でもあるのだ。
故に、地上の権力というのは、慈悲が正義を和らげるとき、
最も神の力に近いものとなる。かかるが故に、ユダヤ人、
その方の請求は正義ではあるが、このことも考えてみてはどうか、
つまり、ただ正義、正義の一途で進むのでは、
結局誰一人救われるものはいまい。我々はみんな神に
慈悲を求めて祈る、その祈りこそ、とりも直さず、我々互いに、
慈悲を施し合えと教えているのではなかろうか?


「地上の権力というのは、慈悲が正義を和らげるとき、最も神の力に近いものとなる。」
確かにそうですね。

「ただ正義、正義の一途で進むのでは、結局誰一人救われるものはいまい。」
私もこれを心の片隅において忘れないようにして、日々の業務を行っています。

それにしても、シェイクスピアは大天才ですね。

スポンサーサイト

PageTop

新潮文庫の100冊

弁護士の寺田です。

今日から大学入試センター試験。高校生にとっては、人生の一大イベントの一つです。
試験というものは、多くの場合は実力どおりの結果になりますので、開始前には既に勝負は決まっているもの。あとは1個ずらしてマークしてしまうなどの大きなミスや、前日に寝られないなど不測の事態を避けることができれば、自ずと結果はついてきます。健闘を祈りたいと思います。

ところで、高校生活といえば、思い出されるのが「新潮文庫の100冊」。
毎年夏になると、書店にパンフレットが並んでいたのを、懐かしく思い出す人も多いのではないでしょうか。かくいう私もその1人で、もちろん100冊を読破することはできませんでしたが、そのパンフレットを何度も眺めて、100冊読んだような気分にひたっていたものです。

この「新潮文庫の100冊」ですが、1998年からは、パンダのキャラの「Yonda?」という変なものになってしまいましたが、それまでは、毎年魅力的なコピーが添えられて、大物芸能人がイメージキャラクターとなるという、かなり骨のある企画だったのです。このコピーが毎年楽しみでした。

調べてみると、以下のような歴史だったようです。
イメージキャラクター、コピーの順に並べると・・・

1978年
桃井かおり
「知性って、すぐ眠りたがるから、若いうちよ。」

1979年
桃井かおり
「この本読み切れば、小麦色。」

1980年
岸本加世子
「バイバイ、3冊坊主くん。」

1981年
坂本龍一
「ひとりになったら本を読む。」

1982年
坂本龍一
「坂本くん、大きなことをやろうじゃないか。」

1983年
江川 卓
「やる時は、やります。読む時は、読みます。」

1984年
井上陽水
「100冊ぜんぶ読むと、とんでもないことになると思う」

1985年
小林薫
「インテリげんちゃんの、夏やすみ。」

1986年
緒方拳
「拳骨で読め。乳房で読め。」

1987年
陣内孝則
「僕は、夏の赤ん坊です。」

1988年
陣内孝則
「とーちゃんも、夏、読んだ。」

1989年(平成元年)
陣内孝則
「少年少女をやめた夏」

1990年
「ボクハ読ムノガ遅イ人。」

1991年
宮沢りえ
「朝顔と百頁。蝉と五十頁。蛙の声で百頁。」

1992年
宮沢りえ
「十年後の夏、また泣いた。」

1993年
永瀬正敏
「青空は、史上最大の読書灯である。」

1994年
永瀬正敏
「夏の頭は感じやすい。」

1995年
永瀬正敏
「パンツいっちょで、文学三昧。」

1996年
小泉今日子
「『ワタシヲ、読ンデ』、その本は言った。」


いやはや、何とも豪華で贅沢なラインナップ。
コピーもまた、魅力的ですね~。
夏のあの匂いを思い出す方も多いのではないでしょうか。
ほんと、昔はよかったです。
なんでこんなに魅力的な路線を捨てて、変なパンダになってしまったのでしょうかね?

PageTop

阪神大震災から19年

弁護士の寺田です。

毎年1月17日が来ると、阪神大震災を思い出します。
当時私は大学生で京都におりましたが、とある事情で、地震発生時には既に起床していました。
京都市でも揺れは大きく、棚の食器がひっくり返るなどしましたが、テレビをつけてみるとあまりの被害の大きさに呆然。以後、関西圏は大変な状態でした。

あれからもう19年。
平成7年(1995年)は、阪神大震災、地下鉄サリン事件、ウインドウズ95発売と、日本の転換点となる年の1つでした。
今年はどのような年になるのでしょうか。

PageTop

今年もよろしくお願いいたします

弁護士の寺田です。

新年おめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

年末年始はいかがでしたでしょうか。
始まる前は長く感じても、すぎてしまえばあっという間ですね。
また明日から、お互いに頑張りましょう。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。