fc2ブログ

よろず相談所 スタッフブログ

国家5士業が立ち上げた合同会社ANTHEMが監修する「インターネットよろず相談所」 弁護士・司法書士・税理士・行政書士・社会保険労務士のスタッフブログ

便利になったダイレクト納付!!

税理士・行政書士の朝山茂樹です。

便利になったものです。
皆さん、『ダイレクト納付』ってご存知でしょうか?


ダイレクト納付とは、事前に金融機関と税務署の双方に届出等をしておけば、e-Taxを利用して電子申告等の送信をした後に、届出をした預貯金口座から、ワンクリックで即時または期日を指定して納付することができる電子納税の新たな納付手段です。
つまり、ダイレクト納付は、税務署や金融機関に足を運ぶことなく、自宅やオフィスから納付することができるシステムなのです。

例えば、電子申告等の送信後、ワンクリックで納付手続きが完了するため、納付手続きが簡単なこと、インターネットバンキングの契約が不要、インターネットバンキングを利用した場合と違って利用手数料等がかからない、パスワードや本人によるログインが不要でインターネットバンキングを経由せず、納税者本人がネット環境を有していなくても税理士の代理送信による納付も可能となるなど、多くのメリットがあります。

簡単に言えば、公共料金の自動引落とし(振替)に近いイメージであり、同様の仕組みとして振替納税があるが、振替納税は申告所得税と個人消費税のみが対象なのに対し、ダイレクト納付はe-Taxで電子申告が可能な源泉所得税や法人税などすべての税目が対象となりす。納付情報登録を行えば、それ以外の全税目の納税が可能であり、また、本税に加えて附帯税(加算税や延滞税など)についても、利用が可能となります。

私の顧問先にもよくあるケースですが、決算納付最終日に出張なので、
①申告書に会社実印が押せない
②納税額は分っているが、当日納付ができない

などという場合、通常なら、私の事務所が立替納付するとか、事前に税額を頂いて納付
といった形をとっていましたが、この制度を利用すれば、事前に振り込みは可能となります。
その手続きも、顧問税理士が行うことが可能なので、そのうような会社の方にはお勧めです。
ちなみに①に関しても、電子申告をしていれば(税理士が代理送信することで)印鑑は
不要となります。

ただし、①②ともに「電子申告」が前提となります。
既に、電子申告をされていて(税理士に委任)、銀行に行くのは手間だ!!
という方は、是非ご利用を!!

詳しくは、税理士または税務署にお問い合わせください!!

国家5士業 よろず相談所 公式サイト http://www.f-yorozu.net/

合同会社ANTHEM     公式サイト http://f-anthem.com/

朝山税理士事務所     公式サイト http://tax-as.net/asayama

朝山税理士事務所ブログ http://tax-as.net/portal/



スポンサーサイト



PageTop