よろず相談所 スタッフブログ

国家5士業が立ち上げた合同会社ANTHEMが監修する「インターネットよろず相談所」 弁護士・司法書士・税理士・行政書士・社会保険労務士のスタッフブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

どれだけ心をこめたか

弁護士の寺田です。本年もよろしくお願い申し上げます。

12月29日~1月1日まで、沖縄に行ってきました。
沖縄といえどもさすがに肌寒かったですが、沖縄に来た以上は断固として半袖短パンで過ごさなければ男がすたります。ということで、4日間、半袖短パンで過ごし通しました。
ダイビングも2本潜りました。海はきれいでしたが、寒かったです。ウエットでも潜れますが、ドライでもいいのではないかと思いました。やはりダイビングは夏に限りますね。冬のダイビングはしばらく控えようと思います。

ところで、沖縄に行くときは小松空港の売店で本を買っていくのが私の習慣。
ここ3回は、連続でマザーテレサの本を買っています。
「大切なのは、どれだけたくさんのことをしたかではなく、どれだけ心をこめたかです」というのはマザーテレサの有名な言葉ですが、年頭に当たって送付されてくる多くの年賀状、年賀メールを見て、「大切なのはどれだけ心をこめたかです」という言葉をしみじみとかみしめました。

我が身を省みれば、私はさすがに年賀メールはしませんが、最近は印刷した年賀状を大量発送するばかりで、「どれだけ心をこめたか」と問われれば、全く赤面するほかはありません。

年賀状などはどちらでもよいことではありますが、震災のことはそうはいきません。
「がんばろう日本」、「日本に元気を」、「あしたを歌おう」など、とかく言葉に酔うだけで実質を伴わない傾向のある日本人ですが、どれだけ心をこめているのか、自戒したいものです。
スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。