よろず相談所 スタッフブログ

国家5士業が立ち上げた合同会社ANTHEMが監修する「インターネットよろず相談所」 弁護士・司法書士・税理士・行政書士・社会保険労務士のスタッフブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

団藤重光先生ご逝去

弁護士の寺田です。

「刑事法の権威 団藤重光氏死去」の報に接して、驚いています。

法学部の学生であれば、どんなに不勉強であろうとも知らない者はいないこの名前。
刑法の教科書において至る所に登場し、神格化されていた存在でした。
とはいえ、私が学生であった1990年代前半において既に団藤先生は半ば歴史的存在であり、「刑法綱要総論」、「刑法綱要各論」という立派な箱入り教科書も、生協に並んではいましたが私など手に取ったこともありませんでした。

とはいえ、そのお名前はいわば水戸黄門の印籠のようなもので、いかなる法学部生をも沈黙させるだけの威厳がありました。

私達の世代の者にとって神格化されている法学者といえば、美濃部達吉など完全な歴史的存在を別とすれば、我妻栄を筆頭に、平野龍一、四宮和夫、鈴木竹雄、大隅健一郎、佐藤幸治、於保不二雄、奥田昌道、谷口安平、新堂幸司、川又良也あたりでしょうか(異論はあると思います)。

このような有無を言わせぬ威厳を持った学者がいなくなってきているのは寂しいことです。
団藤先生、これまで全く教科書を読んだことがなく、申し訳ありませんでした。
ご冥福をお祈りいたします。
スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。