よろず相談所 スタッフブログ

国家5士業が立ち上げた合同会社ANTHEMが監修する「インターネットよろず相談所」 弁護士・司法書士・税理士・行政書士・社会保険労務士のスタッフブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

東京オリンピックやるの?

弁護士の寺田です。

2020年に東京オリンピックが開催されるということで、一部の人たちは盛り上がっているようです。
オリンピックを開催することができるということは、一定の国力があるということでしょうから、確かに喜ばしい面があることは否定できません。

しかしながら、東京でオリンピックが開催されたからといって、「日本が元気に」なったり、「勇気」をもらったり、ましてや「被災地が元気に」なったり、「勇気」をもらったり、などというきれい事が実際にあるものなのでしょうか。オリンピックなんてどうでもいいから早く自分の住むところを何とかしてほしい、オリンピックなんてどうでもいいから早くもとの仕事に戻りたい、というような考えを持つのがむしろ普通なのではないでしょうか。衣食住が満たされた上で初めてスポーツ観戦という娯楽を楽しむ余裕ができるのであって、衣食住が満たされていないのに、スポーツ観戦で「勇気」や「元気」をもらいましょうなどというのは、既に安全地帯にいる人による全くの戯れ言としか私には思えません。

近頃日本に蔓延する「勇気をもらった」、「元気をもらった」、「夢」、「希望」などという空虚な言葉の数々。原発事故は全く収束せず、東京だけが一人勝ちし、少子高齢化が進む日本で、一体どのような夢や希望があるというのでしょうか。オリンピックが終わった後、日本には一体何が残されるのでしょうか。

リニアモーターカーも、私にとっては悪い冗談としか思えません。この地震だらけの狭い日本でそんなものに乗ってどうしようというのでしょうか。しかも人口は減り、若い人が減るのです。一体誰が維持していくのでしょうか。

などと愚痴ばかりになってしまいましたが、本当に日本など脱出したいと思う今日この頃です。
スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。