よろず相談所 スタッフブログ

国家5士業が立ち上げた合同会社ANTHEMが監修する「インターネットよろず相談所」 弁護士・司法書士・税理士・行政書士・社会保険労務士のスタッフブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

「それしかありません」ってねぇ・・

弁護士の寺田です。

楽天が日本一になりましたね。よかったです。
「勇気をもらった」、「元気をもらった」、「感動をありがとう」などの安っぽいフレーズが氾濫したのには辟易しましたが・・・。「もらったはずの勇気はどこに行きましたか?」と1週間後に聞いてみたい気持ちです。

最近、テレビを見ていると、インタビューなどで、「とにかくうれしいです。ただそれしかありません」、「感動しました。それ以外に言葉がありません」などと答える人がやたら目につきます。
これは一体どういうことなのでしょうか。
「おもしろかった~」、「たのしかったです~!」などという、単語のみ・単一フレーズのみで答えるのは幼稚園児だから可愛いのであって、大の大人がそれと同レベルでは、単に語彙が貧困であり文章力がないことを露呈しているだけ。「うれしいです」、「感動しました」だけではなく、さらにそれなりの文章を付け加えて話すのが大人として当然だと思います。

しかしまあ、これが日本の現状なのでしょう。本を読まずにインターネットばかりでは、そうなるのもやむを得ません。
何とも嘆かわしいです。それしかありません。
スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。